上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨年10月半ばに

アクセサリーについてお問い合わせ頂いた


Y.N 様 


挙式をされるのが

大学の重厚な洋館チャペルで

ご自身の理想とされる花嫁像も

しっかり持たれており



ブーケ以外の装花も最小限にしぼって、

クラシカルで簡素な雰囲気でまとめたい




とのご希望で



クラシックでエレガントな感じのレースに

少しだけ光るものが入ったボンネ



を探していらっしゃるとの事でした。



途中、ドレスをご試着のお写真も見せて頂きながら

何度か打ち合わせの後

お選び頂いたのが


こちらのボンネと

11130549_4afc74f61cb17[1]
http://anprima.com/products/detail/69.html



お母様から借りられるネックレスに合わせてと

おっしゃっていた


イヤリングです

11080140_4af5a30c165e9[1]
http://anprima.com/products/detail/45.html




いつもご丁寧なご連絡を下さる

Y.N様ですが

商品をお届けした後にも

こんなメールを頂きました



 お世話になります。

本日、引っ越しの荷造り中に品物が届きました。

終わってからゆっくり開けましたが、

包装からとても丁寧にして頂き、

あまりに綺麗なので崩すのがもったいなく、

しばらく眺めて写真を撮りました。
箱を開けてみると、

イヤリングもボンネも想像どおり大変素敵なもので、

これもしばらく眺めて写真を撮りました。
試しに付けてみるとイメージしたとおり

「お嫁さん」という感じになり、

父が大喜びしてくれました。



さて、来週の水曜日には新居に移る予定で、

いよいよ急に寂しくなってきました。

嫁ぐとは、本当に勇気を要する、

人生の上で大変なことだと実感しています・・・。


後日ボンネとイヤリングを着用したときに、

写真をお送りさせて頂きますね。

朝晩は冷え込んできましたが、どうぞお体に気を付けて。

取り急ぎお礼まで。





その時の光景が目に浮かびますよね・・・




私の時の事・・・

もう22年前になりますが

やはり母が荷造りを手伝ってくれながら

ずっと黙って泣いていた事などを思い出したりもして

頂いたメールを読みながら

ウルウルしてしまいました (´_`。)




そのY.N様から

先日素敵なお写真とメッセージを頂きました



では、まずお写真からご紹介させて頂きます



3_20120122145921.jpg



お二人の柔らかな笑顔が

これから

穏やかで温かいご家庭を築かれて行くのだろうな・・・

と感じさせてくれます



1_20120122145859.jpg



ダンナ様は

大学でご研究をされていらっしゃるとか



Y.N様は本当に

ご自身の理想とする花嫁様になられましたね



2_20120122145906.jpg



Y.N様のご希望で

参列者の方々のお顔がわかるお写真は

今回ご紹介しておりませんが

厳粛な中にも温かさの漂う

結婚式であった事の伝わる

本当に素敵なお写真でした




そして、お写真と一緒に頂いたメッセージも

ご紹介させて頂きますね





新しい年の初め、如何お過ごしでしょうか。

昨年の11月にボンネとイヤリングを購入させて頂きました

M.N(旧姓Y.N)です。
その後、11月23日に無事に挙式を終え

二人でお正月を迎えることができました。

お蔭様で、ボンネもイヤリングも、

母に借りた本真珠のネックレスに組み合わせても全く遜色なく、

イメージしたとおり、華美にならず、

クラシックで上品な感じのドレス姿にまとめることができました。

その節は本当にお世話になり有難うございました。

多くのお褒めの言葉を頂いた中で、

特に、彼のおばあ様には繰り返し繰り返し
「本当に素敵なドレスで良く似合っていたわね」

と言葉を掛けて頂きました。
また、ドレスショップではボンネの購入先を訊かれました。




私達の結婚式は小ぢんまりながら身内のみで

完全に手作りでしたので、

式の直前はあれもこれもと追い詰められた精神状態となり、

とても不安でした。
なかなか気にいったボンネが見つからずにいた時、

anprimaのHPに行き当たり、

様にはご縁があって暖かいアドバイスを頂けたこと

本当に嬉しかったです。


正直、ボンネはヴェールで隠したりお色直しで外してしまわずに、

いつまでも身に着けていたいと思いました。
子供を授かるかどうか分かりませんが、

この先も大切に保管して、

いずれはドレスと一緒に

誰かに受け継ぐことができたら良いなと思っています。

先日写真入り年賀状もお送りしましたが、

何枚か気に入った写真があり、

メールでお送りしますのでどうぞご覧ください。

また何かご縁がありましたら、

その時はよろしくお願いいたします。


どうぞお体にお気をつけて、

これからも素敵なアクセサリーを通して、

多くの花嫁さんに幸せな夢を届けてあげてくださいね。

本当に有難うございました。




このような嬉しいメッセージを頂く度に

私がこのお仕事をさせて頂くようになった意味を考え

身の引き締まるような気持ちになります。


これからも

おひとりおひとりのお客様に

「どうぞお幸せに」との

想いを込めて商品をお届けしたいと

あらためて思うのであります。




M.N

いつもご丁寧なメッセージを下さり

その度に私自身も励まされ元気を頂きました

感謝しております



M.N様がその笑顔のまま

これからも日々を過ごされますよう

心よりお祈り申し上げます



どうぞ末永くお幸せに





どうもありがとうございました
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。